PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

岩淵さんの早い復活を期待

古いニュースですいません
 昨日なでしこの試合が行われ、アメリカ相手に1-4の完敗でした。岩淵さん、残念ながらアメリカ戦には出場しておりませんでした。相手がアメリカですし、彼女が居ればどうにかなったかと言える程、甘い世界ではありません。それでも少し期待してしまうのは……ファンですから仕方ないです。
 それに、昨年のリーグの成績は最終戦まで得点王・優勝争いに絡み、今期も9節目で4位につけていました。期待が膨らむのは仕方ありません。

 怪我は仕方がないでしょう。人間なんだから動けば壊れます、頑張るほど壊れます。号泣だって良いじゃないですか、頑張ってる程人は泣くんだから。

 とにかく、早く治して五輪本番とベレーザの優勝!期待は持越し!!



日テレ・岩淵号泣…首位決戦で負傷交代
   (デイリースポーツ 2012年6月11日 8:30)

  「なでしこL、日テレ0‐1INAC神戸」(10日、国立)

 2位の日テレは首位のINAC神戸に0‐1で敗れた。勝てば首位に立つ試合だったが、日本代表FW岩淵真奈(19)が古傷の右足小指を痛め、前半終了とともに交代。後半はリズムをつかめず、同15分に痛恨のPKを許した。浦和は福岡ANと1‐1で引き分けた。岡山湯郷はAS狭山を1‐0で、千葉は新潟に1‐0で、伊賀は大阪高槻に2‐0でそれぞれ勝った。

 涙が止まらなかった。日テレ・岩淵は前半終了直前に古傷の右足小指を負傷。一度はプレーに戻ったが、後半のピッチに立つことはできなかった。INAC神戸との首位決戦で、志半ばの途中交代。野田監督から「よくやったから大丈夫だよ。チームメートを信じよう」となだめられたが、悔しさだけが残った。

 天才選手不在の影響は大きかった。後半、チームは攻撃のリズムを失い、逆に同15分にPKで失点。MF阪口を1列前に上げる布陣も試したが追いつけず、指揮官は「岩淵がいなくなったことで、裏(へ抜ける動き)がなくなった」と振り返った。

 試合後、岩淵は「自分で(負傷)しました。大丈夫です」と明るい表情を見せた。その後は病院に向かったが、大事には至っていない様子。視察に訪れた日本代表の佐々木監督も「(12日からの代表合宿には)来られると思う」と話した。

 「今季の中で一番くらいの出来」(野田監督)だっただけに歯がゆい思いはいっそう強い。敗戦はピッチの外から目に焼き付けた。涙の数だけ強くなれると信じ前を向く。




 関係ないけど、永里亜紗乃も使ってくださいよ。姉ちゃんとツートップが早く見たいよ!

| サッカー | 19:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sanekane4.blog.fc2.com/tb.php/125-0d797848

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。